工作機械の種類は、様々です。

切ったり削ったりする工作器具であるバイトを使用した旋盤・タレット盤・形削り盤・平削り盤・中ぐり盤、、刃物を回転させ金属の表面を削り取る工作機械であるフライス盤、ドリル・リーマー・タップを使用したボール盤、放電加工機、ワイヤーカット放電加工機、形彫放電加工機、ブローチ盤 、歯切り盤、ホブ盤、歯車形削り盤、カッタ、ピニオンカッタ、砥石を使用した研削盤、コンターマシン、帯鋸盤、マシニングセンタ、ウォータージェット加工機、レーザー加工機、電子ビーム加工機、ホーニング加工機、電解加工機、バリ取り・面取り機、電解バリ取り機、ECDまたはECDM、裁断機などなど、耳にしたことあるもの、実際目にしたことあるものから、全く聞いたこともない不思議な名前の機械まであるんです。

最近は電子化が進み、電子で管理し、さらなる精密さを目指した工作機械が増えています。

ですが、これらの機械を使い、人間の感覚だけの緻密な作業で日本人にしか作ることができない部品も数多くあるのです。

それらを作る後継者がいないことが今問題になっていますが、日本人ならではの技術を電子化の波に追わえてなくしてはいけないとも言えるでしょう。