日本の工作機械は、産業として規模が小さいものの、日本が世界に誇れる産業であることは間違いありません。

近年、長年の好調から、今後も好調であると短絡的に予測されていますが、最近では韓国や中国のような新興国のメーカーが力をつけていることもあり、日本の工作機械業界も楽観視してはいけない状況にあるのです。

日本と比べて韓国や中国の方が物価が安く、低コストで一つの機械が作れるため、日本製に比べると低価格で販売することができるわけです。

韓国や中国では日本をはじめ多くの国の高い技術を取り入れ、それらを低コストで作ることができるのです。

実際にそれらの国の製品で自動車やカメラなどを作るとすると、日本製よりも比較的安い工作機械で部品を作れば、それだけ一つの商品を作るコストが抑えられるわけです。

それに、不景気の波もあり、今後内需の高成長が見込めないことも課題となっています。

日本製の工作機械は、精密さの面から考えても海外から高評価を受けています。

それに日本のメーカーは幅広い分野の機種に強みを持ち、技術水準では他のメーカーに差をつけてはいますが、価格競争など余談を許す状況ではないことを理解しなくてはいけないのかもしれませんね。