工作機械とは簡単に言えば、機械部品を作り出す機械のことです。

昔から機械を作る機械と言われていおり、機械を作る上では欠かせないものです。

そして、機械を作る基礎となる大事な作業です。

工作機械は一般的に、加工する対象物または加工に使われる工具の回転や往復運動によって、加工の対象となるものをドリルなどの刃物を使用して削り取り、目的の形状に強制的に加工するものを指します。

機械工作の基本というべき切削や研削を行い、削りくずを出しながら、金属やその他の材料を加工し、所定の形につくりあげるのです。

分かりやすく言うと、加工対象物を切ったり削ったり、磨いたりして加工する機械のことなのです。

工作機械をそのまま工作の機械と意味を考えると、プレスや剪断などの加工機械も含まれますが、これらは一般には工作機械の仲間には入らないのです。

おもな工作機械として、多くの人に知られている旋盤、ボール盤以外にも、中ぐり盤、フライス盤、歯切り盤、研削盤などがあります。

加工対象物としては、金属、木材、プラスティックなど、誰でも目にしたことのあるものばかりです。

それらを工作機械でかこうしたものを目にしたことがないということは、絶対にないでしょう。